サンフレッチェ広島は9月25日、埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦する。

浦和レッズは前節、第2ステージ首位に浮上した。2連敗のあとの2連勝で勝ち点は28。”出入りの激しい”戦いを続けている。

サンフレッチェ広島は直近の5試合を見ても〇●〇●〇とリズムに乗れていない。今季を象徴するような戦いが続き、勝ち点20で8位。第1ステージの4位から後退している。

年間順位でも浦和レッズは勝ち点61で勝ち点63の川崎フロンターレに次ぐ第2位。サンフレッチェ広島は勝ち点49。3位の鹿島アントラーズは勝ち点56でこの差を詰めるためには当然ながら浦和レッズからアウェーであっても勝ち点3をもぎとる必要がある。

この”絶対に勝ちきる”ことが求められる一戦は「スカパーPRESENTSパブリックビューイング in ルイード・タバーン」でも観戦できる。

会場は広島市中区新天地、中央通り沿い本州会館3Fのルイード・タバーン(電話082・249・1901)で、午後1時開場。午後2時30分からオープニングイベント、午後3時のキックオフで150インチワイドスクリーンを使ったパブリックビューイングという流れになっている。ハーフタイムではサイン入りグッズなどの抽選会もある。

サンフレッチェ広島スタジアムDJの貢藤十六氏やサンチェ君も来場する。

入場は無料で先着200名。席はフリー。ファーストドリンク(抽選券付き)は大人1,000円、高校生以下500円。セカンドドリンク以降は500円。持ち込み不可。再入場はOK。