B.LEAGUE B2(10月8日、香川県・高松市総合体育館)

香川ファイブアローズの地元開幕戦に乗り込んだ広島ドラゴンフライズは86−76のスコアで敵地での第1戦に勝利。開幕から通算4勝1敗でB.LEAGUE B2西地区6チーム中2位をキープした。

首位は開幕5連勝の島根スサノオマジック、3位は先週、広島ドラゴンフライズが1勝1敗と土をつけられた熊本ヴォルターズ。

前半34−34で折り返した試合は第3クォーター、25−26と1点ビハインドで終了。迎えた第4クォーター、ダニエル・ディロンとキャメロン・リドリーを投入して反撃開始!

2分50秒過ぎ、ディロンのジャンプショットで64−62とついにリード。その後も接戦が続く中、残り3分21秒で鵤誠司のレイアップが決まり突き放しにかかると3分を切ってから山田大治もジャンプショットをねじ込み、粘る香川ファイブアローズを振り切った。

この試合、チーム最多の33分13秒出場となった鵤の活躍が光る。

なお、9月3日、広島県府中市のウッドアリーナで行われたプレシーズンゲーム「ドリームマッチinウッドアリーナ2016」では55−65で敗れたが、本番では見事にリベンジしたかっこう。

香川ファイブアローズは広島とは縁の深いクラブで、 B2参戦に向け新ヘッドコーチには広島ライトニングHCのジョー・ナヴァーロを迎えた。ライトニングに所属していた大澤歩と前村哲也(広陵高出身)はこの試合でもコートに立った。また昨季、広島ドラゴンフライズに所属したニカ・ウィリアムズも2011−12シーズン以来となる古巣復帰を果たし、この試合でも9分2秒出場した。

B.LEAGUE B2公式戦

広島ドラゴンフライズ86-76香川ファイブアローズ
1P 23-21
2P 11-13
3P 25-26
4P 27-16

会場:高松市総合体育館
今シーズン成績:4勝1敗
入場者数:1080人

【スターティングメンバー】

広島:#5山田大治、#7坂田央、#18鵤誠司、#21コナー・ラマート、#24田中成也

香川:#5溝口秀人、#11チェハーレス・タプスコット、#13近 忍、#19徳永林太郎、#41高田秀一

広島ドラゴンフライズ STATS

【得点】
#18 鵤誠司 22点
#5山田大治 17点
#7坂田央  12点
#21 コナー・ラマート 12点
#11ダニエル・ディロン 11点

【リバウンド】
#21 コナー・ラマート 13リバウンド
#55キャメロン・リドリー 8リバウンド

【アシスト】
#5山田大治4アシスト

香川ファイブアローズ STATS

【得点】
#11チェハーレス・タプスコット 35点

【リバウンド】
#11チェハーレス・タプスコット10リバウンド
#14エイドリアン・フォーブス   7リバウンド

【アシスト】
#11チェハーレス・タプスコット4アシスト