秋季広島県高校野球第5日(10月8日、呉市・二河野球場など)

注目の準々決勝4試合があり、尾道商、市立呉、呉港、新庄が9日の準決勝(二河野球場)に進んだ。

新庄は神辺旭と対戦。初回に3点を奪いその勢いで5−1と快勝した。

市立呉は三回までに2−2として古豪の広陵とがっぷり四つ。延長十回サヨナラ勝ちで見事ベスト4に進出した。市立呉の池田はひとりで投げ切った。

広島商との接戦を演じた尾道商も延長十回、6−3で競り勝った。

呉港と大竹も好ゲームとなったが、前畑が完投した呉港が3−1で勝利した。

準決勝は午前9時からの第1試合が市立呉―新庄、午前11時30分からの第2試合が呉港―尾道商。