クライマックスシリーズ、ファーストステージ第3戦、延長十一回に嶺井のレフトフェンス直撃二塁打で4−3と勝ち越したDeNA。

その裏、山崎康で逃げ切りへ。

先頭の立岡はショートライナー。

そして初戦で山崎康から九回、ソロホームランの坂本。打てばクライマックスシリーズ史上初の3連発。しかしここは軽打、左前打。

続く橋本到はバント失敗、ファーストファウルフライ。

代打・堂上も8月終りに山崎康から3ラン。ここもボールカウント3−1から四球。

二死一、二塁となって阿部。ツーシーム初球ボール、同じく2球目ストライク。3球目アウトコース素晴らしい真っ直ぐ149キロストライク。これで勝負あったか?4球目ツーシームがショートバウンド。5球目ツーシーム振り切った阿部、ライトへ舞い上がる打球、入るか…、サヨナラか…、関根の足がフェンス前で止まった、落下点アウト…

4時間22分の死闘の末、広島への切符を手にしたのはDeNA…

ひろスポ!関連記事(ひろスポ! 筒香 で検索)
クライマックスシリーズ、広島の相手は巨人か、DeNAか?筒香台風?がマツダスタジアムに上陸したらやばい、かも?一方紅白戦登板の黒田は…