関西テレビ(カンテレ)は23日、大阪市北区の同局で秋の番組改編発表を行った。同局が制作するフジ系「SMAP×SMAP」(月曜・後10時)は、SMAP解散決定のため年内終了が発表されているが、最後の放送日や内容などについて編成局は「今、お話できることは残念ながらない」と、未定であることを強調した。

 「フィナーレに向けてどういう風にやっていくのか、今、現場で(調整を)やっているところ。年末年始の番組編成はまだ決まっていないので、それも含めて」と大澤徹也編成局長。「大きな番組。視聴者に楽しんでいただけるよう最後まで走り切りたいという思い。(詳細決定まで)もう少しお時間をいただければ」と説明した。後番組については引き続き同局が制作。「企画を鋭意、詰めているところ」と話した。

 また、同局制作の全国ネット番組「にじいろジーン」(土曜・前8時30分)のレギュラーを、不倫騒動のため1月から休演しているタレント・ベッキー(32)の復帰についても「まだ決まっておりません」(岡山誠編成部長)。ベッキーは7月にBSスカパー!の音楽番組にレギュラー復帰。10月からFMラジオの新番組に出演するが、「他局の判断とカンテレの判断は、それぞれ切り離して。決して降板という訳ではなく、『お待ちしている』いう状況については変わらない。先方と、カンテレの環境が合致したところで復帰していただく」。復帰時期までは言及しなかった。