歌手でタレントの泰葉(55)が13日未明放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(金曜・前0時42分)に出演し泥沼離婚の真相を語った。「金髪豚野郎の元妻」として紹介された泰葉は、「金髪になってきちゃった」と、風貌が元夫の春風亭小朝(61)に似てきたことを自虐的に笑いにした。

 番組では「金髪豚野郎の元妻」ではなく、シンガーソングライターとして、松本伊代や少女隊に楽曲提供するなど、輝かしい過去を紹介。印税は通帳を見てびっくりするほど(ウン千万円)入ってきたという。

 豪遊したかとと問われると「私、ホストクラブに通ったりとか、そんなバカな二世タレントじゃない」などと、持ち前のぶっ飛び発言をし、次長課長の河本準一(41)から、「言わないでください。ちょいちょい(ネタを)挟むのやめて下さい」とたしなめられた。

 泥沼離婚の真相については、「ひとつだけね」と言ってから「私ね。太った人が嫌いだったの」。「毎回、パンツを洗ってて、LLのトランクスを洗ってて、ずーっと。もう限界です。すいません」と言い、「トランクスのことが言えなかったから」と「金髪豚野郎」のフレーズが飛び出したという。