17日スタートのTBS系連続ドラマ「カルテット」(火曜・後10時)に出演する松たか子(39)、満島ひかり(31)、高橋一生(36)、松田龍平(33)が期間限定ユニット「Doughnuts Hole」を結成し、番組の主題歌「おとなの掟」を歌うことが13日、分かった。

 劇中で弦楽四重奏(カルテット)を結成する4人が、歌でもハーモニーを奏でる。「おとなの―」はシンガー・ソングライターの椎名林檎(38)が書き下ろした楽曲。松、満島が切ないメロディーを歌い継いでいき、しだいに高橋、松田の声が重なっていくような構成になっている。

 椎名は「このたびはとびきりの作品へ参加させていただき光栄です」とコメント。「みなさんほんとうにかっこよく唄ってくださり、しあわせです。よろしければドラマとともにほんのりご賞味いただきたいと思います。何卒」とアピールした。また、主題歌に合わせ撮り下ろされた映像が、ドラマ本編の最後に流れる予定。前クールの同枠では「逃げるは恥だが役に立つ」の「恋ダンス」が話題を呼んだが、「カルテット」のエンドロールも注目を集めそうだ。