Vシネマを主戦場に活動している俳優で歌手の水元秀二郎(41)が、14日に更新したブログで芸能界から引退することを発表した。

 哀川翔と出会ったことがきっかけで芸能界に入ったという水元。当時、哀川が42歳だったことから、「42歳に当時の哀川翔さんの様なスターになれなかったら辞めようと」思っていたという。

 水元は「芸能界で何とかスキルを上げようと思いましたが、とうとう42歳の年が来ました。もう夢だけを追える年齢ではなくなっていました。今までも人生の岐路に何度も立ちましたが、今回は最初から決めていた事だった為、決意するに至りました」と引退を決めた理由を説明。今後は地元・熊本で実業家として生きて行くという。

 水元は「応援して下さった皆さまには大変申し訳ない気持ちもありますが、退くことも男道と考え、事業家として一般人として生きて行こうと思います。自分でも複雑で悔しい気持ちも正直あります。ですが夢だけでは生活出来ません。また一般人として今から違う人生を生きる大変さも厳しさも、これから大変大きな壁となる事と思います。どうかあたたかい気持ちでご理解頂ければと思います」とファンに理解を求めた。