歌手・和田アキ子(66)が14日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、足のサイズが“進化”している事を打ち明けた。

 和田は「BS(フジ)で木梨の『木梨目線』って言うのがオンエアされたんですよ。一昨年のお正月お世話になって、ヒロミとか竹山とか勝俣で(ハワイで遊んだ)。それがオンエアされたんですよ」と話し、「そのときUGGの靴を買いに行ったんですよ私。そうしたらいつもサイズ10なんですけど、アメリカは違いましたね、11。28センチでした。まだ進化してる」と足のサイズがアップしていた秘話を打ち明けた。

 アシスタントの垣花正アナウンサー(45)も「足の大きさ進化してますね」と笑っていた。