俳優、中尾暢樹(20)が14日、東京・丸の内TOEIで主演映画「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーvsニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊」(竹本昇監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 現在、テレビ朝日系で放送中のジュウオウジャーと、昨年まで放送されていた前作・ニンニンジャーが競演。「ファンの方に笑顔を与えることができて、ぼくも元気をもらえる。その関係性がすごく幸せ」と感謝した。

 ニンニンジャーで主人公のアカニンジャーを演じ、この日も同席した西川俊介(22)は「(ニンニンジャーは)この映画で終わります。見納めして頂き、これからは個人の活動に入っていくので応援宜しくお願いします」とあいさつした。

 ジュウオウジャーもテレビ放送は2月の放送で最終回を迎え、既にクランクアップしている。ジュウオウイーグルを演じてきた中尾も「いつまでも子供たちのヒーローとして覚えてくれていたらいいな」と切ないコメント。最後は登壇者の11名全員でエンディングダンス「レッツ!ジュウオウダンス」を踊って締めくくった。

 なおこの日、出席予定だった國島直希(22)は体調不良で欠席。「治療に専念して、次のイベントには復帰したい」とコメントを寄せた。