◆広島1―4阪神(22日・マツダスタジアム)

 阪神が4月3日のDeNA戦(横浜)以来となる1試合3本塁打で、広島に快勝した。4回に北條のソロで先制すると、6回には上本にもソロ。さらに8回無死一塁では高山が2番手・ジャクソンから右翼席へダメ押しの8号2ランを放った。投げては藤浪が9回1失点。今季2度目の完投で広島戦初白星となる7勝目を挙げた。試合後の金本監督の一問一答。

 ―藤浪はいい投球だった。

 「あそこまでいったら完封を見たかったけどね」

 ―四球は3つだった。

 「いつもの晋太郎より少なかったし、ストレートで空振りが取れていた。差し込むというか、押し込むというか」

 ―今季は思うように成績が伸びなかったが、最後にこういう投球をしてくれた。

 「やっぱり悪いまま終わるのと、こういういいピッチングで終わるのは違うと思う。岩貞の最近の調子の良さが、もしかしたら刺激になってるんじゃないの。あの二人は仲がいいから。でも逆にそういうのを意識すべきだと思うし俺は。負けられないという。そういう気持ちというか、チーム内の競争はあって欲しい」

 ―どこが良かったか。

 「上体がブレていないように見えた。リリースポイントもまずまず。リリースポイントが悪いとキレもなくなるし、コントロールも」

 ―今季、ジョンソンは阪神戦ここまで4試合で3勝0敗。ようやく黒星をつけた。

 「(得点がすべて本塁打は)うちらしくない。(試合前まで)セ・リーグで1番、本数が少ないでしょ。しかもジョンソンから一発攻勢で勝つのは、不思議な感じがした」

 ―1試合で3発は4月以来だった。

 「うちらしくないけど、来年に向けて一発でも勝てるというそういう武器があるといいね。速い球に負けない(のが大事)。ジャクソンも、高山が打ったけど、いい真っすぐを放るピッチャーだから」

 ―Bクラスは決定したが、若手が奮闘している。

 「若手だけでもなく中堅もね。俊介もバッティング練習から状態が良くてチャンスがある。上本にしても、いいところで打ってくれた。ということは来年も計算に入ってくる」

 ―試合前に選手らに話をしていた

 「2日間、試合がなかったから、とにかく打席に立つ前にネクスト(バッターズサークル)でしっかりスイングしてということ。2試合ないと、どうしても体のキレが(悪くなる)。それを気をつけるように、と」