◆広島1―4阪神(22日・マツダスタジアム)

 阪神の北條史也内野手(22)が、4回にジョンソンから左翼席へ4号ソロを放ち、シーズン100安打まであと2本とした。

 フルカウントから、147キロの内角直球をコンパクトに振り抜いての一撃。北條は、「ジョンソン投手は両サイドのコントロールがいいので、コースに逆らわないバッティングをしようと意識していました。追い込まれていましたけど、体が反応してくれました。思った以上にうまく反応できたので、自分でもびっくりしました」と振り返った。