◆日本ハム2―4楽天(23日・札幌ドーム) ◆西武0―8ソフトバンク(23日・西武プリンス)

 優勝争いが白熱しているパ・リーグは、首位日本ハムが本拠で楽天に2―4で敗れ、2位ソフトバンクが敵地で西武に8―0と大勝した。日本ハムの優勝マジックは6のままで、両チームのゲーム差は再び1となった。

 日本ハムは3回に失策などが絡んで3点先行され、6回にウィーラーに26号ソロを浴びて4点を取られた。本拠地の声援を背に、7回と8回に1点ずつを返したが及ばず、連勝が5で止まった。

 21日からの直接対決で連敗したソフトバンクは、西武相手に14安打9得点。先発の東浜は6回に抑えて9勝目を挙げ、首位日本ハムに1ゲーム差に迫った。

 24日も日本ハムは本拠で楽天戦、ソフトバンクは敵地で西武と対戦する。