◆「痣(あざ)」(伊岡瞬、徳間書店、1944円)

 動画配信サービス「Hulu」で話題のオリジナルドラマ「代償」の原作者・伊岡瞬の最新刊ミステリーです。

 妻を殺害され、無気力になった刑事・真壁は奥多摩分署へ異動になる。妻の命日を機に退職するはずだったが、その直前に管内で連続殺人事件が発生。被害者はすべて女性で遺体に残されたあざが、真壁の妻のものと酷似していた。妻の事件は被疑者死亡で幕引きになったはず。偶然? それとも真壁への挑発なのか…。

 捜査中に行方不明になった分署長の息子、若者3人が過去に犯した凶行など複雑に絡み合った難事件が

徐々にひも解かれていくさまにページをめくる手が止まらなくなるはずです。真壁の相棒として行動をともにする気弱な新人刑事・宮下の成長も物語を魅力的にしています。