JRAは13日、昨年12月29日に大井競馬場で行われた東京大賞典・交流G1を優勝したアポロケンタッキー(牡5歳、栗東・山内研二厩舎)の検体を理化学検査した結果、規制薬物である消炎鎮痛剤(デキサメタゾン)が検出され、第1回の裁定委員会を開催したと発表した。

 今回はJRAの所属馬として、レース出走後に規制薬物が判明した初めての事例となった。ただ、規制薬物は治療を目的に使用される薬物で、競馬法に定められた「禁止薬物」とは異なり、競走能力への影響はないため、事後失格の対象とはならない。

 JRAは今後、同馬を管理する山内調教師に弁明の機会を与え、23日以降に開催される第2回裁定委員会で最終的な処分を決定する。処分の内容等については第2回裁定委終了後に発表される。山内厩舎の今週の出走馬については、JRA側が規制薬物の影響下にないことを確認したため、出走が可能となっている。