日本ハムの大谷翔平投手、栗山英樹監督が13日、都内のホテルで行われたテレビ朝日ビッグスポーツ賞の表彰式に出席。「テレビ朝日 スポーツ放送大賞」を受賞した。

 大谷は表彰式中に壇上で同じ1994年生まれの競泳の萩野公介、柔道のベイカー茉秋と同世代トーク。司会者から「あなたたちは何世代か?」と問われ、ベイカー茉秋は「ワンダフル世代」と命名。常々「(フィギュアスケートの)羽生世代」と言い切る22歳も、「それでいいんじゃないですかね」と同調した。

 表彰式後には同世代のアスリートで食事に出かけるという。「(WBCで)世界一へ頑張るしかない。(日本ハムは)連覇しかないです」と気合を入れていた。