◆大相撲 初場所5日目 ▽幕下 ○石橋(寄り切り)豊ノ島●(13日・両国国技館)

 富山市出身で富山商OBの西幕下7枚目・石橋(22)=高砂=が33歳の幕内経験豊富な大ベテラン、豊ノ島(時津風)を押し出しで破り3連勝、勝ち越しに王手をかけた。

 相撲内容を的確に表すコメントだった。「人間山脈みたいな相撲が取れて良かったです」。立ち合いは豊ノ島に右を差されたが、右を押っつけながら右を入れて一気に前に出た。「相手は金星も挙げているベテラン。(対戦するのは)光栄ですしうれしいですけど、とにかく緊張しました。今朝も食事が進まなかったほどです」。そんな石橋に助け舟を出したのが母校・近大の伊東勝人監督だった。

 前日、無料通信アプリで長文の激励文が送られたという。「あなたは昇り龍、あしたが勝負です。いい結果を楽しみにしています」という書き出しから始まり、相撲内容のアドバイスが延々と書かれていた。「(メールで)長文が来るのはレアなケースですね。今朝も読んできました。当たって砕けろの気持ちでいきました。良かったです。これで気分良く(部屋に)帰れます」と笑顔。

 幕下上位で3連勝。勝ち越しに王手。目標は十両での春場所(大坂)。勝ち越しは単なる通過点にしか過ぎない。(今関 達巳)