◆大相撲初場所6日目 ○稀勢の里(きめ出し)正代●(13日・両国国技館)

 西横綱・日馬富士が気迫の相撲で新関脇・玉鷲の挑戦を退けた。5日目の隠岐の海戦で右太もも裏を負傷したが強行出場。土俵際で1回転しても右下手を離さない執念で4勝目を挙げた。全勝を守った東横綱・白鵬は横綱出場回数が818回となり歴代1位の北の湖と並んだ。今場所自己最高位の西前頭2枚目・荒鷲は東横綱・鶴竜を破り初金星。6日目を終えて全勝は白鵬と東大関・稀勢の里の2人だけとなった。

 稀勢の里が先場所敗れた正代にリベンジ。右腕で相手の左肘をきめながら、左でおっつけて前に出た。「まあ集中してやりました」。初日から連勝を続けるのは12連勝した昨年夏場所以来だが「うん、いいと思いますよ」と手応えもある。二所ノ関審判部長(元大関・若嶋津)は賜杯の行方を「白鵬は(星を)落とさないだろう。稀勢の里も落とさないことが大事」と分析した。