3年ぶりにJ1で戦うC大阪が始動2日目の13日、大阪市内の練習場で午前6時50分スタートの3部練習を開始した。遅刻者続出も心配された中、主将のFW柿谷曜一朗(27)ら全40選手が無事に集結した。一方で生活面の規律を求める尹晶煥(ユン・ジョンファン)新監督(43)は、新たに選手の頭髪についても統制する考えを示唆。日本代表MF山口蛍(26)の金髪が、黒髪に戻る可能性が浮上した。

 空に大きな月が浮かぶ午前6時30分過ぎ。柿谷、山口ら主力選手が薄暗いグラウンドに次々と姿を見せた。日の出15分前の午前6時50分ちょうどには、全40選手がそろってウォーミングアップを開始。尹監督は「開始20分前に出たら選手がたくさん出ていて、意欲ある姿が見てとれた」と喜んだ。

 かつて度重なる遅刻でJ2徳島への期限付き移籍を経験した柿谷だが、この日は3部の練習で常に先陣を切ってグラウンド入り。「きついけど、そのうち慣れてくる」と主将の決意をにじませた。午後からは初めてボールを使い、いきなりミニゲームも実施した。

 2011〜14年の鳥栖監督時代には厳しい管理で知られた尹監督。生活リズムをテコ入れした練習面の改革は上々の船出となったが、その胸中にはさらなる規律プランもある。「髪を染めて成績がよくなければ、外部からいろいろと言われる。選手の意見も聞くが、クラブ側にも確認したい」。自身も00年に初来日した当初は髪を茶色く染めてピアスも着用したが「すぐに戻した」と回顧。自身の苦い経験も踏まえ、選手に正しい身なりを求める考えだ。

 真っ先に標的になりそうなのが、黄金に輝くMF山口の頭髪。尹監督によると、すでに面談した日本代表MFは「髪を染めれば、自分でも見えないところから力が湧く」と効果を力説したという。だが、新指揮官は「許可するかどうかはクラブ側ともう一度話してから」と強権発動の可能性を否定せず。クラブとして金髪禁止の規定はないが、山口は「別に黒でもいい」と柔軟に応じる構え。尹監督の改革スピリットは、若手が多い成長途上の集団に浸透しつつある。(中村 卓)