◆ラグビー トップリーグ最終節 神戸製鋼―サントリー(14日・ノエビアスタジアム神戸)

 勝てば無条件で4季ぶり4度目の優勝が決まるサントリーは13日、試合会場の神戸市内に移動して練習を行った。社会人2年目で主将を託されたSH流大(ながれ・ゆたか、24)は「必ず勝って終わりたい。この1年間、積み上げてきたものすべてを出す」と、最終戦で15戦全勝Vを決める決意を示した。

 チーム内でも個人タイトルがかかる。昨季にFB五郎丸歩(31)=トゥーロン=が獲得した得点王はSO小野晃征(29)が175点、最多トライはウィング・中づる隆彰(26)が17トライで射程圏内。中づるはライバルの神戸製鋼・山下楽平(13トライ)がベンチ入りしなかったため、自身初のトライ王がほぼ確実だ。