リオ五輪女子バドミントンダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)=ともに日本ユニシス=が13日、都内で宮城県の復興支援を目的とした酒場「大漁や」のオープンイベントに出席した。

 高橋の今年の目標は「結果よりも自分たちのプレーの向上を頑張りたい」と控えめ。新年最初の試合は22日のSJリーグ(岐阜トリッキーパンダース戦)で、その後の出場は未定だという。イベントではともに高校時代を過ごした宮城県産のカキやササニシキのおにぎりを食べて食リポに挑戦した。