大相撲の西横綱・日馬富士(32)=伊勢ヶ浜=が初場所7日目の14日、日本相撲協会に「右ハムストリング肉離れで全治まで1か月程度の安静加療を要する見込み」の診断書を提出して休場した。5日目の隠岐の海(八角)との一番で右足太ももを痛め、6日目の玉鷲(片男波)との一番ではテーピングとサポーターを巻きながら気迫の相撲を見せたが、症状が悪化したと見られる。日馬富士の休場は15年秋場所以来、7度目。

 十両以上の休場者は栃ノ心(春日野)に次いで2人目。勢(伊勢ノ海)は不戦勝となった。