F東京は14日、元日本代表GK権田修一(27)と両者合意の下、契約解除したことを発表した。昨季はオーストリア2部のSVホルンに期限付き移籍していた。

 権田はF東京U―15、U―18を経て07年にトップチームに昇格。15年までクラブ一筋でプレーし、14年には日本代表としてブラジルW杯に参加した。F東京ではJ1通算183試合、J2では20試合に出場した。

 契約は残っていたが、欧州でのプレーを希望する権田の意志を尊重し、契約を解除した。権田はクラブを通じて「この度、1月31日までヨーロッパでのプレーの可能性を探るために、FC東京を離れることになりました。FC東京での約19年間で、選手としてはもちろん、人間としても大きく成長させてもらいました。本当にありがとうございました」とコメントした。