◆第54回愛知杯・G3(14日・芝2000メートル、中京競馬場、稍重)

 単勝1番人気のマキシマムドパリ(岩田康誠騎手)が直線外から差し切り勝ち。重賞初制覇を果たした。手綱を執った岩田騎手は15年小倉2歳S(シュウジ)以来、1年4か月ぶりのJRA重賞制覇となった。2着に10番人気のサンソヴール(津村明秀騎手)。3着は6番人気のクインズミラーグロ(藤岡康太騎手)が入った。

 津村騎手(サンソヴール=2着)「いいリズムでいつも通りの競馬ができた。(前走から)距離が延びてどうかと思っていたけど、落ち着いて走れていた」