ロッテのドラフト1位、佐々木千隼投手(22)=桜美林大=が14日、ロッテ浦和で初のサイン会を行った。

 この日から第2クール初日。約4時間30分の練習を終えた新人9選手のサイン会が始まった。テーブルについた佐々木、同2位の酒居の前には長蛇の列。冷え込む中、約30分で200人の色紙などにペンを走らせ「期待してもらっている分、頑張らないといけないと思いました」と刺激を受けていた。