【中標津】19日の「敬老の日」にちなみ、町内最高齢の上ケ島きくゑさん(105)の誕生会が20日、通所先のデイサービスセンター白樺並木で開かれた。

 上ケ島さんは1911年(明治44年)9月20日、北見市で生まれ、大正初期に家族で町内俣落に移り住んだ。33年(昭和8年)に酪農業を営む夫国雄さんと結婚。その後、5男1女に恵まれた。現在は孫夫婦や長男の妻と一緒に俣落で暮らし、週2回デイサービスに通っている。

 通所者や職員など約20人が、上ケ島さんの長寿を祝った。通所者から「ずっと元気でいてね」と花束を手渡されると、上ケ島さんは「本当にありがとうございました」と涙ぐんだ。

 上ケ島さんは「1番の思い出に残る一日になりました。また、みんなで集まれるように今後も元気で過ごしたい」と話していた。

 根室振興局によると、9月1日現在、根室管内在住の100歳以上は22人という。(古谷育世)