【富良野】今春の第89回選抜高校野球大会(3月19日から甲子園球場)21世紀枠の北海道地区候補校に推薦された富良野高野球部が、真冬の練習に励んでいる。例年この時期には行わない屋外でのノックや投手陣のブルペン投球など、実戦を意識した準備を重ね、27日の選考委員会の結果を待っている。

 同校は昨年12月23日から冬休みに入った。野球部は年末年始を除き、午後に毎日4〜7時間練習。外野手のノック練習などは屋外の校庭で行っている。練習前には長靴を履いた選手たちが横数列に並んで一斉に歩き、雪を踏み固める。過去にも12月中旬ごろまでは同じように雪を踏み固めて練習してきたが、例年は年明けの時期は室内練習に切り替えていたという。(岩崎あんり)