【木古内】14日午前6時50分ごろ、渡島管内木古内町の北海道新幹線木古内駅構内で、進路を切り替えるポイントが雪で作動しなくなる不具合が発生した。北海道新幹線の雪によるポイントの不具合は、昨年3月の開業以来初めて。

 JR北海道によると、運行中の列車を駅手前などで停止させ、除雪作業を行った。これにより、新函館北斗発東京行きの新幹線2本が最大1時間10分遅れ、計約165人に影響した。