射水市新庁舎の落成式は22日、同市新開発(大島地区)の現地で行われ、約150人が完成を祝った。災害対策拠点として機能し、市民の利用頻度が高い窓口を1階に集約して行政サービスを向上させる。エコボイド(吹き抜け)を設け、自然換気・採光を行うなど環境に配慮した。10月11日の開庁に向け、各部署が3回に分けて移転する。