大学入試センター試験を翌日に控えた13日、列車の滑り止めに使う砂を詰めた合格祈願のお守り「踏ん張り砂」がJR金沢駅で配布され、受験生や保護者ら約530人が列をつくった。 お守りは、JR山口線で運行する「SLやまぐち号」が急勾配を上る際、車輪の滑り止めとしてレールにまかれる砂が袋詰めされている。午前8時から和田豊和駅長らが「頑張ってください」と声を掛けながら配り始め、用意した555個は約20分でなくなった。