金沢市のめいてつ・エムザは3月、「レンタル着物」の提供を始める。客が体験する「コト消費」に関心が高まる中、若者から外国人旅行客まで幅広い客層が来店するきっかけを狙う。 北陸産品を集めた1階の売り場「黒門小路」で3月上旬から行う。市内のレンタル店「金澤着楽々(きらら)」が運営し、日帰りだけでなく、翌日に返却するプランなどがある。事前に予約をしなくても、当日店頭で申し込むことができる。別料金でプロのカメラマンが同行撮影する。夏は浴衣も用意する。 黒門小路には観光情報を紹介するカウンターと免税カウンターがあり、市内を巡る観光客や外国人旅行客の需要も狙う。 体験型では、加圧スタジオ「カレイド美人」を3月22日、3階婦人服フロアに開設する。金沢市内の整形外科クリニックから発祥したスタジオで、運動の習慣がない女性でも無理なく筋力を鍛え、健康に過ごす生活を提案する。 女性客の利用が大半を占める2、3階を「ビューティーケアゾーン」と位置付け、補整下着や健康食品、マッサージ、ホットヨガスタジオなどのショップを集積しており、顧客の満足度をさらに高める。