富山県商工会議所連合会と県内8商工会議所は13日、工場見学の受け入れ先などを紹介する「富山産業観光図鑑2017」を発刊した。掲載事業所数は16年版から3社増の151社となり、新たに美術館や景勝地なども盛り込んだ。 発行部数は8千部増の2万部、A5判48ページでAR(拡張現実)機能に対応した。観光紹介のほか、U・I・Jターンの就職説明会で活用されるなどニーズの高まりを受けて部数を増やした。県内の企業や宿泊施設、小中高校、大学、北陸新幹線沿線・関西圏の商工会議所などに配布する。 富山市の富山商工会議所ビルで会見した髙木繁雄県商工会議所連合会長は、さらに50社程度と掲載に向けて交渉中であるとし「図鑑を見て、行って、便利だと評価されて初めて意義がある」と話した。