小矢部市と市商工会が三井アウトレットパーク北陸小矢部から街なかへの誘客を目指して発行している「おやべ周遊クーポン」の第5号で、石動高校美術部3年の片山瑶さん(18)が表紙のイラスト画を手掛け、にぎわいづくりに協力している。目を引くカラフルな色使いで市の魅力を表現。女性が手に取りやすいポップなデザインとなっており、市によると「かわいい」と評判だという。

 周遊クーポンのターゲットとする若者や女性に受け入れてもらいやすい表紙にしようと、市が美術部にイラスト画を依頼し、ポスターを得意とする片山さんが担当した。

 市を象徴するクロスランドタワーや稲葉山の風車、アウトレットの観覧車を虹が弧を描く青空や花畑と組み合わせて描き、明るく夢のあるデザイン。「小矢部はこんな街。来てください」と呼び掛けているイメージで女の子も登場させ、高校生らしいかわいい仕上がりとなっている。

 市が今月中旬、アウトレットと立山駅で行った観光宣伝では子どもたちが喜んで手に取っていたという。

 石動駅前商店街で今月開催された街なか活性化イベントにボランティアで参加した片山さんは「この冊子を少しでも多くの人に手に取ってもらい、街なかを訪れる人が増えればうれしい」と話した。

 5号には市内の参加店56店舗のクーポン特典が付いている。6千部刷り、アウトレットや石動駅の観光案内所や市内の観光施設などに置いた。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】