南砺市商工会女性部城端支部のグループ・じょうはな花庵(本多峰子代表)は30日、打ち掛けを着てお姫様気分を味わってもらう恒例の「なりきり姫体験」を、同市城端のじょうはな庵で行う。メンバーは6日、着付けや写真撮影のリハーサルを行った。

 姫体験は城端地域で開かれる「なんと彩菜(さいさい)まつり」に合わせ開催。参加者は今回新たに用意された3着の打ち掛けから好きなものを選び、風情のある町屋でカメラマンに写真を撮ってもらえる。

 リハーサルでは地元在住の地域おこし協力隊員、小塚友貴さん(23)がモデルを務めた。「いい女になった気分を味わえた。多くの人に同じ気持ちになってほしい」と話していた。

 姫体験は午前9時半から午後4時半まで20人限定で受け入れる。参加費は写真2枚と抹茶付きで3千円。申し込みは市商工会城端支部で11日から平日のみ受け付ける。電話は0763(62)2163。

【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】