体育の日にちなんだ越前松島水族館(福井県坂井市)の恒例イベント「カメレース」のリハーサルが7日、同水族館で行われた。子どもたちから声援を受けた6匹が精いっぱいの力走を見せ、喝采を浴びた。

 全長5メートルの特設コースを走るカメの順位を当てるカメレースの出走は、ニホンイシガメ、クサガメ、ミドリガメが各2匹ずつ。ファンファーレを合図に、背中に番号を貼り付けた6匹がゆっくり出走。障害物に苦戦したり、寄り道をしたりして観客をやきもきさせながら、1着のカメは約1分でゴールした。

 息子の伊藤輝ちゃん(2)=愛知県=と訪れた伊藤季香(きっか)さん(24)は「奇想天外な動きが面白い。子どもと夢中で楽しめた」と話していた。

 レース本番は8〜10日、各日2レース行う。午前11時35分と午後1時35分から受け付け。順位を当てるとカメのぬいぐるみなどをプレゼントする。参加は無料。問い合わせは越前松島水族館=電話0776(81)2700。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】