第42回北國花展「伝統と現代」(北國新聞社主催、石川県いけ花文化協会協力)は14日、金沢市のめいてつ・エムザの8階催事場で開幕する。13日は生け込みが行われ、新しい花の美に挑む作家の気迫が会場を満たした。昨年、相次いで亡くなった北國芸能賞受賞者の面影をしのび、出品者は北陸最高水準の花展を受け継ぐ重みを感じながら制作に励んだ。
【北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ】