第69回秋季関東高校野球県大会は22日、ひたちなか市民球場などで開幕し、第1日は1回戦1試合を行った。予定されていた残り6試合は雨のため23日に順延された。
 今夏8強の常磐大高は14安打と打線が爆発し、12-2の六回コールドで科技日立を下した。25日の2回戦では常総学院と激突する。
 第2日は23日、ひたちなか市民、県営、笠間市民の3球場で1回戦6試合を行う。試合開始は各球場とも第1試合が午前10時、第2試合は午後0時20分の予定。順延に伴い23、24日に予定されていた試合はそれぞれ24、25日にずれる。
  第2日は23日、ひたちなか市民、県営、笠間市民の3球場で1回戦6試合を行う。試合開始は各球場とも第1試合が午前10時、第2試合は午後0時20分の予定。順延に伴い23、24日に予定されていた試合はそれぞれ24、25日にずれる。
 ■23日の試合 (上が一塁側) ◇ひたちなか市民球場 ▽1回戦 (1)水戸葵陵-総和工(10時) (2)土浦日大-日立一(12時20分)
 ◇県営球場 ▽1回戦 (1)明秀日立-水戸桜ノ牧(10時) (2)藤代-下妻二(12時20分)
 ◇笠間市民球場 ▽1回戦 (1)下館一-佐和(10時) (2)守谷-土浦湖北(12時20分)