サッカー日本一を決める第96回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社など共催)第5日は22日、カシマスタジアムなどで3回戦12試合を行い、J1鹿島はJ2岡山を2-1で下し、3年ぶりに4回戦進出を決めた。
 鹿島は前半22分、相手の速攻を止められずに失点。1点を追う後半15分に、永木がミドルシュートを決め追い付いた。以降はほぼ相手陣内で試合を進め、終盤にオウンゴールで勝ち越した。
 3連覇を狙うG大阪をはじめ浦和、FC東京、柏が加わる4回戦以降の組み合わせは10月4日の抽選で決まる。