チャールズ皇太子が孫のジョージ王子に庭をプレゼントしたというニュースがありましたが、その庭は英国テットベリーにあるチャールズ皇太子の私邸ハイグローヴの庭の一角に作ったとか。
テットベリーの街にもう1つ観光客に人気のスポットがあります。
チャールズ皇太子が設立したブランド「ハイグローヴ(Highgrove)」のショップです!

チャールズ皇太子が自ら手掛けるオーガニック商品を扱うブランドで、その収益はプリンスオブウェールズのチャリティ財団へ寄付されます。すべての食品はチャールズ皇太子自ら試食試飲の上、承認があって商品化するという、正真正銘の英国王室ブランド。その証に「ハイグローヴ」の商品にはチャールズ皇太子の紋章に由来したロゴが使用されています。

そんな英国王室ブランドの「ハイグローヴ」が日本に初出店しました!
9月14日、日本橋三越本店新館の地下2階に「ハイグローヴ」のショップがオープン!日本初出店にあわせて英国大使館主催の日本初出店プレス向け発表会が開催されました。会場はハイグローヴの店舗に隣接しているフォートナム・アンド・メイソン(Fortnum & Mason)のティーショップ。
発表会当日は英国からハイグローヴのクリスティーン・プレスコットCEO(最高経営責任者)が来日し、スライドを使ってハイグローヴを紹介しました。

▼15年間ナショナルトラストの小売部門責任者だったクリスティーン・プレスコットCEO
※画像は元記事でご覧いただけます。


■お茶はすべてオーガニック!ヒマラヤで育てられた珍しい「グリーンダージリン」も

プレスコット社長のお話の後には試食会が行われ、さながらティーパーティーのようでした。
会場の一角にはハイグローヴの紅茶などが試飲できるブースが!紅茶以外にもルイボスティーやハーブティーなどが用意されていました。

今回試飲したお茶は、プリンスオブウェールズブレンド(Prince of Wales)、アールグレイ、ルイボスティー、グリーンダージリンの4つ。
プリンスオブウェールズブレンドはアッサムとセイロンのブレンドティーで、水色(すいしょく)は澄んでいて味はしっかりしています。ほどよい渋みに華やかな味わいの紅茶で、ミルクをいれずに(できれば砂糖もなしの)ストレートで飲みたい紅茶です。
アールグレイのベースは中国紅茶と中国緑茶のブレンドで、やさしいお茶の味わいの上にベルガモットの香りが心地よい紅茶です。

お茶のラインナップには「グリーンダージリン」という珍しいお茶もありましたが、商品説明には次のような記載があります。

・オーガニックグリーンダージリン:
「ヒマラヤの高い高度で育てられた、若くて柔らかいほんのり緑色をした茶葉は、その独特な自然の甘さをとじこめるために丁寧に蒸されました。他の緑茶と違い、オーガニック特有の香りと、さわやかなマスカットのような味わいをお楽しみいただけます。」


水色は黄色に近い淡い緑色です。蒸し製緑茶とのことですが、水色だけみると釜炒り茶のようです。お味はぜひ体験してみてください。

お茶は全部で6種類用意されていてすべてオーガニック。他にもペパーミントハーブティー、レモンバーベナのハーブティーなどがありました。


■本場英国のジャムとビスケット・ショートブレッド