肌寒くなってくる秋はあったかいお茶が恋しくなる季節。実は秋はお茶イベントの最盛期でもあるのです。日本各地で多くのお茶イベントが開催されます。
そこで、今回はこの秋行っておきたいお茶のイベントをご紹介します!

お茶イベントといっても、日本茶や紅茶、中国台湾茶など、各イベントで扱っているお茶も様々。それぞれのイベントの特徴やテーマなどを事前におさえて、参加するお茶イベントを決めましょう。

◆シングルオリジンティーフェスティバル2016 [紅茶](東京)
まずは、今週末10月8日(土)開催の紅茶のイベント「シングルオリジンティーフェスティバル2016」。昨年2015年よりはじまった紅茶のイベントで、特徴はイベント名でもある「シングルオリジンティー」。生産者が明確で、かつブレンドや着香などの加工を施していない、茶葉本来の個性を味わう紅茶のことです。

紅茶の輸入元・作り手が集まったこのイベントでは、世界中の茶園から厳選された紅茶や、他では出会えないレアティーが並びます。なんと5年熟成のビンテージの紅茶もあるとか。イベントでは、紅茶の販売の他に、テイスティング用のカップを持参すればラリー出展者の紅茶を試飲することができる「ティスティングラリー」も実施。世界中の紅茶を飲み比べられる貴重な機会と言えそう。
2016年産の紅茶を対象にしたプレミアムティーコンテストも実施され、入賞茶はイベントでも販売されます。今年のチャンピオンティに選ばれたのは井村製茶、井村典生さんの「べにふうき紅茶 Contest」。金賞と銀賞の受賞茶は5点です。
金賞:「手摘み和紅茶(カネトウ三浦園 三浦克暢)」「対馬紅茶(大石孝儀)」「みなみさやか紅茶 MAKOTOBA(宮崎茶房)」
銀賞:「べにふうき紅茶 MIMIZAKO(宮崎茶房)」「紅誉(富士お茶の秋山園 秋山勝英)」

他にも、紅茶鑑定歴40年の三井農林・三浦宣安氏による講演や、紅茶のセミナーなど、紅茶づくしのイベントです。

日時:2016年10月8日(土)10:00〜17:00
会場:東京都立産業貿易センター 台東館4F
チケット:前売券 1,200円/当日券 1,500円
※試飲用カップ(30-60cc程度)要持参


◆第5回 紅茶フェスティバル in 尾張旭 [紅茶](愛知)
愛知県尾張旭市は、日本紅茶協会が認定する「おいしい紅茶の店」店舗数日本一になっている街です。10月23日(日)に開催される「紅茶フェスティバル in 尾張旭」は、尾張旭市を“紅茶の町”として盛り上げるために尾張旭市観光協会が主催しています。

世界の珍しい紅茶体験や、世界と日本の紅茶バザール、紅茶の製茶体験、紅茶セミナー、国産紅茶グランプリ、シンポジウムなどが実施され、紅茶好きには見逃せないイベントです。シンポジウムの今年のテーマは「国産紅茶の品質を向上させるために」。昨年の国産紅茶グランプリ受賞者など、日本でもトップレベルの紅茶生産者の方々が集結します。
国産紅茶の日本一を決める国産紅茶グランプリ 2016では、一般審査員を含んだ審査により予選通過した12点から日本一を決定します。一般審査員は参加費300円、紅茶フェスティバル当日受付。
また、自分で紅茶を作れる製茶体験も実施。(事前申し込み2,000円、会場:名古屋経営短期大学 調理実習室)お茶の葉を揉んで紅茶を作り、出来上がった紅茶はお土産に持って帰れます。自分で手作りの紅茶が作れる貴重な機会です。

日時:2016年10月23日(日)10:00〜16:00(雨天決行)
会場:スカイワードあさひ他(愛知県尾張旭市)


◆世界お茶まつり2016 [日本茶](静岡)
お茶イベントは東京だけではありません。茶処静岡では3年に1度の「世界お茶まつり」が今年開催されます。「世界お茶まつり」は春・秋2回の開催で、この秋は10月27日(木)〜30日(日)の4日間、静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」をメイン会場に開催されます。

世界に向けて日本茶の魅力を静岡の地から発信している「世界お茶まつり」。秋の祭典では、世界緑茶コンテストや世界緑茶会議、各種セミナー・講演会など、茶処ならではの深いお茶の世界が堪能できるプログラムが数多く実施されます。
日本各地や世界の様々なお茶が揃う茶産業の総合見本市「ワールドO-CHAメッセ」や、県内こだわりスイーツと静岡茶の組み合わせを堪能できる「お茶とスイーツを愉しむ銘茶カフェ」など、飲んで食べて買って愉しむこともできます。お茶を体験するプログラムも多く、世界各国の喫茶文化を体験できる「世界大茶会」や富士山を愉しみながらお茶を味わうという「富士山大茶会」も開かれます。お茶漫画『茶柱倶楽部』のイメージを再現した「茶柱倶楽部の世界を愉しむ」では、作品中に登場する各産地のお茶を味わうことができ、作品の読者ならまたとない体験になるでしょう。

日時:2016年10月27日(木)〜30日(日)10:00〜16:00
会場:静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(JR東静岡駅南口)ほか
住所:静岡県静岡市駿河区池田79-4
入場無料


◆第10回 日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」[日本茶](東京)
現代喫茶人の会主催の第10回 日本のお茶の魅力「茶匠と語ろう」が東京松屋(東京都台東区)で11月5日(土)に開催されます。静岡や狭山、八女、嬉野など日本各地より日本茶の匠が集まり、それぞれの地域のお茶を飲みながら日本茶の奥深さについて触れられるイベントです。

参加茶匠(予定):
吉野誠一(狭山 吉野園)/斎藤安彦(静岡 島田市伊久美)/益井悦郎(静岡県 川根 益井園)/大山泰成(東京 しもきた茶苑)/中谷一美(八女 くま園)/太田祐介(嬉野 太田重喜製茶工場)/川口史樹(品種茶専門店『心向樹』)他

日時:2016年11月5日(土)10:30〜17:00
(各席30分x8回 中間で45分の昼休み有り)※途中参加、途中退場可能
会場:東京松屋(江戸からかみ屋)
住所:東京都台東区東上野6-1-3 東京松屋UNITY・4F
参加費:一般2,000円、会員1,500円※当日、受付にて支払い


◆第2回 九州和紅茶博覧会2016 in 東京 [和紅茶](東京)