あの「綾鷹」のシリーズに抹茶ラテがでた!!

抹茶ラテ発売の発表に、ネットでも「綾鷹の抹茶ラテ…期待大」「綾鷹の抹茶ラテとか絶対美味しいやつ...早く飲みたい〜!」「好きなものと好きなものが組み合わさってるとか最高かよ」とコメントされるほど。
そんな話題の「綾鷹 抹茶ラテ」を早速飲んでみました。

ペットボトル緑茶「綾鷹」のシリーズ商品として「綾鷹 抹茶ラテ」(税込126円)が10月10日に発売。「綾鷹」同様、「上林春松本店」が開発に協力していて、京都・宇治のお茶師である「上林春松本店」が選定した宇治抹茶を100%使用しています。

内容量190グラム、缶コーヒーと同じくらいのサイズで、缶にはおなじみの「綾鷹」の文字と急須のマークも見えます。宇治抹茶を彷彿とさせる抹茶色のベースに、黄金の茶碗に入った抹茶ラテの渦が美しく、「宇治抹茶使用」の文字も地味に主張しています。


「綾鷹 抹茶ラテ」はホットでもコールドでも楽しめる製品とのことで、まずはアイスで。次はホットで試してみることに。
缶を開封するとほのかに甘いミルクと抹茶の香りがしてきた。よく振ってからグラスに注ぐ。よく振らずに注ぐと粉っぽくなるので注意したい。
水色(すいしょく)は白いベールがかかった抹茶色。のみ心地はサラッとしていて、ふんわりと抹茶の香りが鼻にぬける。ミルキーのようなやさしい甘さの後に宇治抹茶のほのかな苦みが口の中に広がる。

次は、レンジで温めてホットで飲んでみる。熱々にならない程度に温める。コールドより甘さは感じられるが、甘さ控えめ。べたっと張り付くような甘さではなく、飲み心地もサラサラしているところも良い。冷たかったときよりも甘みや抹茶の味がよく感じられ、これからの季節ホットがオススメ。
温められた缶をお店で購入するのもいいが、家でカップに移してからレンジで温めて、まったりと飲むのも秋冬の夜にはよさそうだ。


■綾鷹 抹茶ラテのアレンジレシピはひんやり冷たいデザート!