9月18日、京都市で開催された「京都国際マンガ・アニメフェア2016」にてステージイベント「有頂天家族 捲土重来ステージ」が実施されました。

「有頂天家族」は森見登美彦氏の小説を原作とするTVアニメ。2013年に放送され「第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」にて、その年に放映されたテレビアニメ作品では唯一の「優秀賞」を受賞するなど、高い評価を受ける人気作品です。

今回、この本作のステージイベントが作中の舞台である京都で実施。ゲストとして主人公・下鴨矢三郎役の櫻井孝宏さんと、弁天役の能登麻美子さんが登場し、本編名シーンのダイジェスト映像やテレビ放送当時のインタビュービデオなどで当時を振り返りました。

そして、この映像のラストには「この後、ステージで新たなる展開の発表がある」と意味深なナレーションが。直後、原作者の森見登美彦氏、アニメ監督の吉原正行氏、P.A.WORKSの代表・堀川憲司プロデューサー、ランティスの斎藤滋プロデューサーらが続々と登壇。観客席の期待が高まるなか、堀川プロデューサーよりアニメ「有頂天家族」のBlu-ray BOXの発売が発表され、会場は大きな拍手に包まれました。

さらに、「もうひとつ発表がある」と今度は主役にバトンタッチ。矢継ぎ早に櫻井さんから、本作の続編となる「有頂天家族2」の制作決定が発表され、会場はこの日最高の盛り上がりを見せました。「有頂天家族2」は小説続編「有頂天家族 二代目の帰朝(2015年刊行)」を原作とした内容となり、原作者の森見氏は「第1期を超える作品を見せていただきたい」と期待を表明。また、吉原監督によると「新キャラクターもちょこちょこっと登場する」とのことでした。

キャスト陣は第1期から引き続き豪華声優陣が続投。実は既にアフレコは始まっているということで、櫻井さんは「やっと発表できた」と安堵の表情を見せました。

最後は恒例となった「面白きことは良きことなり!」のセリフで締めくくられ、大歓声の中「捲土重来ステージ」は幕を下ろしました。

(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会