AWAKEは、映画「ラスト・ウィッチ・ハンター」の情報を公開しています。

「ラスト・ウィッチ・ハンター」は、不死身の男が魔女を狩るSFアクション映画です。主演は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でグルート役として出演したヴィン・ディーゼル。密かに生きている魔女たちを狩るため、主人公「コールダー」が剣と銃を使い戦いを繰り広げます。

主演のヴィン・ディーゼルはゲーム好きとしても知られ、20年間『ダンジョン&ドラゴンズ』をプレイしているのみならず、ゲーム開発会社を設立したという経緯も持っています。そして「ラスト・ウィッチ・ハンター」は、カプコンのアクションゲーム『デビル・メイ・クライ』シリーズと類似点が存在。その点も特徴となっているようです。

◆二作の類似点

■タイトルとストーリー
『デビル・メイ・クライ』は、主人公の「ダンテ」が悪魔狩りをするというストーリーが展開されます。“魔女も泣き出す”映画「ラスト・ウィッチ・ハンター」は魔女狩りという設定になっており、これが類似点になっているとのこと。

■主人公は剣と銃の使い手
「ラスト・ウィッチ・ハンター」の主人公「コールダー」と、『デビル・メイ・クライ』の主人公「ダンテ」は、ともに剣と銃を使うことが特徴。華麗なアクションで敵を殲滅します。

■敵の倒し方
『デビル・メイ・クライ』の特徴は、いかにスタイリッシュに敵を倒すか。「ラスト・ウィッチ・ハンター」も同じく、コールダーがどんなアクションで魔女を倒していくかが大きな見所になっているそうです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
「ラスト・ウィッチ・ハンター」は、2016年9月30日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかで全国ロードショーが実施されます。

●あらすじ
800年前、魔女に不死の呪いをかけられたコールダー(ヴィン・ディーゼル)。以降、現代に至るまで、唯一無二の魔女ハンターとして戦い続けていた彼を、ドーランと呼ばれる神父が歴代の相棒として見守っていた。しかしある日、36代目のドーラン(マイケル・ケイン)が何者かに殺害された。37代目ドーラン(イライジャ・ウッド)とともに捜査に出たコールダーは、大昔に殺したはずの魔女の女王が関与していることを知るが……。

●監督
・ブレック・アイズナー 『クレイジーズ』

●出演
・ヴィン・ディーゼル
・イライジャ・ウッド
・ローズ・レスリー
・ジュリー・エンゲルブレヒト
・マイケル・ケイン

●その他の情報
・2015年
・アメリカ
・英語
・カラー
・SRD
・スコープサイズ
・106分
・原題:THE LAST WITCH HUNTER
・PG12
・配給:プレシディオ
・協力:松竹

TM & (C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.