スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエストX』のデータ解析を行う外部ツールの使用について、不正行為であり、利用規約により禁止されている行為であることを公式サイトにて告知しました。

該当の外部ツールは、ゲームによっては使用を黙認されており、コアなネットゲーマーの間ではよく知られているものですが、最近PC版『ドラゴンクエストX』で利用できるプラグインが公開され、SNSや掲示版などで話題になっていました。

実際に使い始めるユーザーも出てきて導入方法や画像なども出回りはじめていましたが、それと同時に規約違反ではないかという疑問の声や批判する意見も多くあがっていました。

告知によると、このツールに関して同社はすでに存在を確認しており、今後適宜対応を行うことを表明。 ユーザーに利用しないよう呼びかけています。

なお同社は、ゲーム内不具合を意図的に利用した1700キャラに対し、一時利用停止などの処置を行ったこともあり、不正行為に対して厳しい姿勢を見せています。