先日幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2016。本イベントのKADOKAWA GAMESブースにて実施されたiOS/Android向け新作育成シミュレーションゲーム『スターリーガールズ』のステージレポをお届けします。

このステージでは、初めに“シリウス”コスのコスプレ占い師の渚と“ベガ”扮するグラドルレイヤーの宮本彩希が登壇。観覧者向けの撮影が終わった後に、本作のコンセプトを解説しました。

『スターリーガールズ』は、星娘とGギアと宇宙の3つのキーワードを掛けた育成シミュレーションゲームで、プレイヤーは副キャプテンや星娘と共に宇宙の運命に抗うというもの。登場する星娘は、実際の星の名前アルタイルやベガ、そしてシリウスなどが付けられています。続いて、ゲームプレイトレイラーを披露。3Dで描写されるロボや攻撃演出、カットインなどが披露されていました。

そして“アクルックス”役の声優M・A・Oと、“アンタレス”役の小松未可子、“サルガス”役の竹達彩奈が壇上にあがりました。MAOが演じるアクルックスは、コミュニケーションに長けたセクシーなキャラクターで、大雑把でズボラな部分が玉にキズとのこと。また「南の十字を胸に刻んで行きなさい!」と決めセリフを披露。アンタレスのセクシーや衣装や田舎っぽさがあるセクシーギャルで、イケイケなノリが特徴的で、決め台詞「サソリの一撃!しっかり味わいな!」を披露しました。そしてサルガスは自称魔術師の不思議ちゃんであることを紹介すると共に決め台詞を叫び、次のコーナーへと移行しました。

メインコーナー「目指せミッションカップ!スターリーガールズ先取りプレイ」が開始。このコーナーではKADOKAWA GAMESのデイレクターである安田善巳氏が登壇しました。

この先取りプレイでは安田氏がゲーム本編を解説。初めに実際の星系を基に構成さた星々から星娘を入手出来る“流星観測”を行いアンドロメダを入手しました。この入手したアンドロメダを含むアンドロメダとフォーマルハウト、アンタレス、アルタイル、アクルックスの構成で、山羊座のM21「アステリズム侵攻作戦」のミッションへと出撃します。この戦いでは見事目標を撃破しました。

このステージイベントの締めとして、各声優陣から本作への期待を込めたメッセージが添えられると共に、アエリアゲームズ代表取締役社長の乙田宗良氏より、多くの楽しい企画を考えていることや、KADOKAWA GAMESの安田氏よりスタッフがこだわりを持って開発していることを伝えてこのステージを終了しました。