「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の公開日が、2017年2月18日決定。また、本作の第2弾特典付き全国共通前売券を、全国の公開劇場にて10月15日より販売すると発表しました。

10月3日に秋葉原UDXにて開催されたイベント「電撃文庫 秋の祭典2016」のメインステージに、ヒロイン・アスナ役の戸松遥さん、リーファ役の竹達彩奈さん、ユイ役の伊藤かな恵さん、シリカ役の日高里菜さん、リズベット役の高垣彩陽さんが登場。そのトークイベントの中で前述の発表や、第2弾特報映像および第3弾キービジュアルのお披露目が行われました。各種情報や登壇キャストコメントを、こちらでチェックしてみてください。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=A_bdeYlpasE

◆電撃文庫 秋の祭典2016 ソードアート・オンラインステージ 登壇キャストコメント
■日高里菜(シリカ役)
本日はたくさんの方々にお越し頂き、本当にありがとうございます。前回に引き続き司会を務めさせて頂きましたが、とても楽しかったです。盛り沢山の情報をお伝え致しましたが、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を楽しみにして頂けると嬉しいです。

■高垣彩陽(リズベット役)
本日は本当にありがとうございます。『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』PVの最新映像を見て頂きましたが、今までと全く違い、現実世界でのARが舞台となっているので、作品のゆかりの地が現実にあるのが魅力です。『ソードアート・オンライン』の世界を楽しみにしてください。

■伊藤かな恵(ユイ役)
本日はクイズも真面目に答えて、優勝できてとても嬉しいです。今回の『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は現実世界が舞台なので、私が演じるユイがどのように活躍するのか、アフレコがこれから始まるので台本をもらうのを楽しみにしています。本日は本当にありがとうございました。

■竹達彩奈(リーファ役)
本日は遊びに来て頂き、本当にありがとうございます。『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』の最新情報をお伝えさせて頂き、クイズも真面目に頑張って答えて優勝したので、とても素敵な前売り券を賞品で頂けて本当に嬉しいです。みんなで一緒に観に行きたいと思います。映画の公開を楽しみに待っていてください。

■戸松遥(アスナ役)
本日は本当にありがとうございました。特報を見て頂きましたが、シリアスなシーンや日常の楽しそうなシーンなどの内容が少しでも伝えられたかなと思います。私も今日初めて第2弾特報映像を見ましたが、アフレコが早く始まれば良いなと楽しみにしています。ワクワク感を劇場で皆さんに伝えられるように、しっかり頑張っていきたいと思うので、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』を引き続き応援していただけたら嬉しいです。

◆「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」最新情報
■ユナ

《オーディナル・スケール》内で初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す《歌姫》。ゲーム内で彼女のステージに遭遇すると、特殊な効果を得ることができる。

■エイジ

キリトたちの前に現れた謎の青年剣士。《オーディナル・スケール》内で高い《ランク》を誇っている。

■重村

AR(拡張現実)デバイス《オーグマー》の開発者であり、日本における非侵襲式(生体を傷つけない)ブレイン・マシン・インタフェース研究の第一人者。東都工業大学電気電子工学科教授。先鋭的すぎる研究スタイルから、電気生理学界では異端扱いされている。

■第2弾特典付き全国共通前売券 10月15日(土)より全国の公開劇場にて発売開始!
・価格:1,500円(税込)
・特典A:A4クリアファイル 特典B:B2ポスター

※当日一般:1,800円
※特典はどちらかおひとつお選び頂けます。数に限りがございます。なくなり次第前売券のみの販売となります。
※今後、第3弾以降の販売も予定されております。
※第1弾特典付き全国共通前売券の販売は10月14日(金)まで。

■バンドルチケット情報(ローソン、およびミニストップ店舗内Loppiにて)
・A3タペストリー付き限定描き下ろし前売券
価格:3,660円(税込)予約受付中

・A4クリアファイルセット(3枚セット)付き限定描き下ろし前売券
価格:2,580円(税込)予約受付中
※2017年2月11日(土)以降お渡しとなります。

・Amazon
B2布ポスター(1枚)付き通常前売券
価格:3,120円(税込)発売中

・アニプレックスプラス
SDアクリルチャーム付き通常前売券
発売日・価格未定

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C)2016 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/SAO MOVIE Project