ナイアンティックより、スマートフォン向けARゲーム『ポケモンGO』のゲーム内要素“ポケモン図鑑”に関連する新たなアップデート内容が報告されています。

『ポケモンGO』国内向け公式Twitterの投稿によれば、ジムに配置されているポケモンを確認した際に対象が未発見だった場合、そのポケモンが“ポケモンずかん”に表示されるようになったとのこと。当然のことながら捕獲数としてはカウントされず、ポケモンを見つけた数として数えられます。

このアップデートに関しては国内外の『ポケモンGO』ユーザーから賛否両論の反響が寄せられ、「見つけた数」が加算されてしまう仕様に対する不満の声が届いている様子。しかしながら、携帯ゲーム機などのオリジナル版『ポケットモンスター』においてもトレーナー戦で遭遇したポケモンを「見つけたポケモン」としてカウントするシステムは備えられており、あくまで「オリジナル版に近付いた」と見るユーザーも少なくないようです。一部ではゲーム性に影響が出るとも考えられているこのアップデートですが、微調整を繰り返してきた『ポケモンGO』だけあり、今後の更新方針にも注目が集まりそうです。