キャドセンターは、インクリメントP及びパスコと共同開発した3D都市データ「MAPCUBE」に、独自のCG処理を加えた新データ「REAL 3DMAP TOKYO」を、10月3日より販売開始しています。

「MAPCUBE」の東京23区すべての建物をフルテクスチャ化し、窓ガラスの反射なども適用した3次元都市データとなる「REAL 3DMAP TOKYO」。東京の都市空間をモチーフとするコンテンツ制作を、規制・天候の影響を被りやすい空撮に頼らず、データ上でフォト・リアリスティックな再現を可能とします。


航空測量で計測した高さ情報、二次元のベクトル地図情報と航空写真画像データをもとに生成した地形や建築構造物の3次元都市モデルデータ「MAPCUBE」がベースになっているのも大きな魅力のひとつ。また、最新のランドマークが毎年更新されるのも見逃せない点です。

3DCG業界で広く使用されている3ds Max形式にて作成されており、映画やアニメーション等の映像表現、航空機や船、鉄道といったシミュレータ用途への利用も想定。また地図データの販売方法としては、4km×4kmという単位から利用できるので、実際に使う領域のみを購入することも可能とのこと。


紹介サイトでは、更に数多くの画像が公開されているので、興味が湧いた方はそちらもご覧ください。この「REAL 3DMAP TOKYO」が、ゲーム制作に使用される日が来るかもしれません。

■REAL 3DMAP TOKYO 紹介サイト
URL:http://www.cadcenter.co.jp/real3dmap/