角川ゲームスとAlpha Gamesは、アニメーション「星娘」を制作することを発表しました。

これは、10月14日に北京で開催された「Alpha Games 北京発表会」にて明らかになったもので、日本をはじめ中国以外の事業展開および制作を角川ゲームスが、中国での事業展開をAlpha Gamesが担当します。

アニメーション「星娘」の原作は、アエリアゲームズが展開するスマートフォン向け次世代育成シミュレーションゲーム『STARLY GIRLS -Episode Starsia-』。プレイヤーは超重力航行艦アステリズムのキャプテンとなって、副キャプテンや100人を超える“スターリーガールズ”またの名を“星娘(ほしむす)”たちと共に、特殊機動兵器Gギアを操って、宇宙の運命に抗い、星の輝きを取り戻していきます。


アニメーション監督には、数々のヒット作品を手がけてきたヤマサキオサム氏が起用され、2018年の配信開始が予定されています。

また、これにあわせて原作『STARLY GIRLS -Episode Starsia-』が中国で配信されることも決定しました。本作は角川ゲームスが中国大陸において事業展開する初めてのゲームソフトとなります。また、同タイトルは、中国大陸のほか、日本にくわえて、台湾、香港、マカオ、東南アジアでの配信も決定しており、アジア主要圏において展開されていくとのことです。

◆アニメーション「星娘」
■アニメ概要
・製作総指揮:安田善巳
・プロデューサー : 酒井直人
・監督:ヤマサキオサム
・予定話数:12話(1話あたり22分)
・配信予定時期:2018年
・アニメ原作:角川ゲームス

■ヤマサキオサム氏プロフィール
・所属:ワオ・コーポレーション エンターテイメント事業部 ワオワールド
・所属団体:日本映画監督協会、日本アニメーター・演出家協会(JAniCA)副代表理事
・略歴:1962年2月19日生まれ 熊本県出身
24歳の時、「戦国奇譚 妖刀伝」の原案・監督としてデビュー。その後、オリジナルビデオやゲーム作品を中心に演出家として活躍。1991年よりアミューズメントメディア総合学院の講師として、後続の育成にも力を入れている。アニメーション作品のほか、ゲーム制作プロデュース、コミック原作、CD作品も手がける。
・アニメーション作品
1987〜1989年 戦国奇譚 妖刀伝(OVA、劇場)…監督・原案
1995年 真・女神転生 東京黙示録(OVA)…監督
2006年 蟲師(TV)…#18,#23 絵コンテ・演出
2007年 地球へ(テラへ)テレビシリーズ…監督 ・音響監督
2008年 イタズラな Kiss テレビシリーズ…監督
2010年 薄桜鬼テレビシリーズ…監督

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
(C)Alpha Games
(C)Aeria Games / KADOKAWA GAMES