エクスペリアンは外資系企業ということもあり、普段の仕事のなかで、頻繁に海外の方とのコミュニケーションが発生します。メールのやりとりは当然のことながら、電話会議を行って、お互いのビジネスについて意見交換を行うこともあれば、海外に開発拠点があって、PCのスクリーンをシェアしながら、ああでもないこうでもないと、すごくテクニカルな話を細かく詰めることもあります。

筆者自身も、数年前から海外とのやりとりを本格的に行うようになりました。もともと英語は不得意で、最初はコミュニケーションがあまりとれずストレスを強く感じてました。今日海外と電話会議がある!と朝思い出した時点で、会社に行くのが嫌で仕方なかったのを覚えてます。

なぜなら、会話を続けていると、どうしても文化の違いを感じざるを得ないからです。こっちで当たり前にやってることも、「あれ?ちがうの?」なんてことは日常茶飯事。フラストレーションしか貯まりません。

でも、数年間続けていると、なんていうんでしょうか、海外の人とやり取りするときの「コツ」みたいなものをつかみ始めてきます。

今回は、そのコツについて、いくつか紹介していきましょう。


超のつくほど素っ気無いメールでも気にしないこと


普段日本でメールのやりとりをするときは、社内外問わず、割と丁寧に書きますよね。たとえば「お手数おかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます」とかの結びを必ず入れたり、若干回りくどく背景や理由を説明したりすることもあります。

まあそれが良いか悪いかは置いといて、海外の人で、たまにすごくシンプルにメールを返す人がいます。いや、結構な割合でいます。

例えば、こんなメールを英語で送ったとします。

「この○○のプロジェクトの進捗はいかがでしょうか?予定の期日より2週間ほど遅延しているため、こちらのチームでは予定通り完遂できるかどうか、若干懸念をしております。もし遅れているのであれば、現在の進捗の共有を速やかに行って頂くとともに、リカバリープランについても提示をお願いします。○○のプロジェクトは予算も大きく、会社として非常にインパクトのあるものです。この成功の鍵を握るのは現在進めている開発状況にかかわってきます。大変かと思いますが、どうかご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」

いかにも日本的な文面です。しかし、これに返ってくる答えはこちらです。

「understood」

え、それだけ!?って思いますよね。でも、こういうシンプルなメールしか返さない人、本当に結構いるんです。で、海外でのビジネス経験の多い方に聞くと、どうやらこういう返信は日常茶飯事で、彼らは特に悪気があるわけではないようなのです。

特に北米の地域の方がこういう傾向が強いみたいですね。彼らは「結論」を好み、「原因」や「理由」は2の次のようです。回りくどい表現も極力しません。もちろん全員がそうであるわけではないのですが、あまりにもシンプルなメールが返ってきても、そういうものだと割り切って考えましょう。そうしないと、いちいちフラストレーションが貯まるだけです。


海外の人全員がネイティブではない


ごく一般的な日本人の感覚だと、海外で英語を話す人は、みんなペラペラで流暢な英語を話すと思ったりしませんか?

でも、いろんな経験をしてわかったことがあります。それは、全員が英語のネイティブスピーカーではないということです。実際海外で働いている人のなかには、文法がメチャクチャだったり、イントネーションがばらばらだったり、早口すぎて何を言っているかさっぱりわからなかったりすることが結構多いようです。ネイティブスピーカーでさえ聞き取れなかったり、読み取れないことが多いと聞きます。

いくら国際的に活躍している人でも、第一言語が母国語で、ビジネスでは英語を話す、という人は、たいていの場合日本人と同じように義務教育のなかで英語を学んできた人です。したがって、彼らの英語はジャパニーズイングリッシュと同様、ネイティブからすると聞き取りずらいことがあります。

そう思うと、すこし安心しませんか?

どうしても、海外への苦手意識からか、英語を話す人は誰もがネイティブと無意識に捉えてしまいがちですが、海外で活躍する人も、皆私たちと同じ、ちょっと訛りのある英語を使っていて、文法とかもすべて正しく使っているわけではないのです。

海外と仕事をする、となるとハードルが高いかもしれませんが、決して怖気づくことはないと思います。「ああこういうものなんだ」と割り切ってしまえば、何も怖くはありません。最初のうちは、ジャパニーズイングリッシュを自信を持って使って、どんどん海外での仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか?